新着メディア記事

2018.10.11

見えないマウスピース矯正「インビザライン」とは?

矯正治療インビザライン

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

このブログでは、主に歯に関する情報をお伝えしたり、皆様からよく寄せられる歯へのご質問にお答えしたりしていきます。

皆様の快適なデンタルライフの一助になれば、幸いです。今回は、マウスピース型矯正装置「インビザライン」のメリットについてご紹介します。

 

人の視線が気にならない

マウスピースを使った矯正治療「インビザライン」では、患者様に合ったアライナー(マウスピース)を作製します。

歯列矯正によく使用されるブラケットワイヤーと違い、インビザラインで使うのは透明なアライナーです。装着していることが見えづらいので、人の視線を気にすることなく矯正治療ができます。

「金属製のブラケットやワイヤーが目立つので、なかなか矯正治療に踏み出せない」「仕事柄人と会う機会が多く、商談などの邪魔になるかも」などとご心配されていた方でも、気づかれにくいまま歯並びの矯正ができます。

 

取り外しができるので、治療中もいつも清潔!

インビザラインアライナー(マウスピース)は取り外しが可能です。そのため食事や歯磨きもこれまで通りに行えます。アライナーは丸洗いができますので、お口の中をいつも清潔に保つことができます。ケアが簡単なのは、患者様にとって大きなメリットですね。

 

 

 

1回の歯型取りですべてのアライナー(マウスピース)を作製するので、通院回数が少ない

インビザラインでは、1回の歯型取りで、すべての期間に使用するアライナーを作製します。

通常、ワイヤー矯正では月に1回程度の通院が必要ですが、インビザラインでは患者様ご自身でアライナーの交換をしていただくため、1~3ヶ月に1回の通院ですみます。

また、当クリニックでは口腔内3Dスキャナー「iTero(アイテロ)」を導入しております。

患者様の歯型を3Dでスキャニングするため、歯型取り時の不快感がなく、治療開始までの期間が大幅に短縮されました。

また、治療後の歯並びの仕上がりをシミュレーションで確認することもできます。是非ご活用ください。

 

ストレス、トラブルが少ない

ブラケットやワイヤーが外れたり、破損したりするなどの心配がなく、矯正治療の痛みも少ないというのもインビザラインの特徴です。

しかし、気をつけていただきたいこともあります。

アライナーを十分な時間装着することやその管理は、患者様ご自身でしていただかなくてはなりません。

また、症例により適応とならない場合がありますので、詳しくは大阪市東成区・かんの歯科クリニックまでお問い合わせください!

>>インビザラインについては当院の矯正治療ページもご覧ください。

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK