新着メディア記事

2018.11.21

天然歯を守る最後の手段!根管治療の重要性

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

このブログでは、主に歯に関する情報をお伝えしたり、皆様からよく寄せられる歯へのご質問にお答えしたりしていきます。

皆様の快適なデンタルライフの一助になれば、幸いです。今回は、天然歯を守る最後の手段である「根管治療」についてご説明します。

 

根管治療とはどんな治療なのでしょうか?

根管治療とは、虫歯が進行して歯の神経にまでおよんだ時、その歯の維持することを目的に行われる治療です。

そのまま放っておくと抜歯しなければいけなくなりますが、根管治療によって歯の神経が通る管(根管)をきれいに掃除し、充填材を詰め、被せ物(クラウン)を被せることで、抜歯が回避できる場合があります。

 

 

 

根管治療で重要なのは「精密さ」

根管治療は、根管内にある虫歯菌に汚染された神経や血管を取り除く治療ですが、確実に汚染組織を除去することが大事です。汚染組織が残っていると、再び痛みなどの症状が現れたり、もう一度根管治療を行わなければいけなくなったりする場合があります。

では、精密な根管治療を行うためにはどうすればいいのでしょうか?

大阪市東成区・かんの歯科クリニックでは、精密な根管治療を実現させるために、「マイクロスコープ」を導入しています。マイクロスコープとは歯科用顕微鏡のことで、患部を何十倍にも拡大して見ることができるので、精密な処置が行えるようになります。

一度マイクロスコープを使うと、もう後戻りはできません。マイクロスコープを使用した場合と、使用しない場合では、見える世界が全然違うからです。マイクロスコープなしだと、「手探りで処置しているようなもの」と言えるでしょう。

 

マイクロスコープを導入している歯科医院は少ない!?

このように、精密な根管治療に役立つマイクロスコープですが、国内の歯科医院ではまだまだ導入しているところは少ない状態です。アメリカでは、根管治療の専門医は必ずマイクロスコープを使用しなければいけないとされています。

「精密な根管治療を受けたい」「他院で根管治療を受けたが効果が実感できない」ということでしたら、是非、マイクロスコープを使って精密な根管治療を行っている、大阪市東成区・かんの歯科クリニックまでご連絡ください。

2018.06.03

ホワイトニングについて

歯科コラム|かんの歯科クリニック

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、ホワイトニング剤を使って歯を内側から白く美しくする方法です。歯科クリニックで行う「オフィスホワイトニング」、患者様がご自宅で行う「ホームホワイトニング」、それらを両方行う「デュアルホワイトニング」といった種類がありますが、当クリニックでは最も高い効果が期待でき、白さが長持ちしやすいデュアルホワイトニングをおすすめしております。
ホワイトニングシステムには「ビヨンドホワイトニングシステム」を採用しており、従来のホワイトニングよりも高い効果が期待でき、施術にかかる時間も短縮可能で、安全性でも高い評価を得ています。

こんな方は一度当クリニックにご相談ください

・歯の変色が気になる方
・白くて美しい歯を手に入れたい方
・結婚式や同窓会、就職活動などに合わせて歯を白くしたい方
・受付や接客業など、仕事柄、人前で話をする機会の多い方
など

ホワイトニングの種類・メリット

オフィスホワイトニング

歯科クリニックで行うホワイトニングです。歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、レーザーを照射することで歯を白く美しくしていきます。1回の施術で歯を白くすることも可能なので、結婚式や同窓会などの大切なイベントに合わせて歯を白くしたい方などにおすすめです。

■メリット

・短期間で効果が実感できる
・歯科クリニックに施術を任せられる
など

2018.05.31

セラミック治療について

精密歯科治療-かんの歯科クリニック

セラミック治療

セラミック治療とは

セラミック治療とは、虫歯の治療などで歯を削った部分に銀歯などの金属素材ではなく、セラミックなどの審美性が高く、お体に安全な素材を入れる治療です。天然歯と比べても見劣りしない白さと透明感が再現できるセラミックであれば、お口まわりの審美性を損なう心配はありません。また、金属を一切使用していないので、金属アレルギーの方にもおすすめです。金属アレルギーの症状でお困りの方が、お口の中の金属素材をセラミックに取り替えることで、症状が改善できるケースもあります。

セラミックのメリット

・天然歯同様の白さ・透明感が再現できる
・汚れや変色が少ない
・金属アレルギーの心配がない
など

取り扱うセラミックの種類

オールセラミック

セラミックのみで作製された詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)です。高い審美性が実現でき、金属を一切使用していないのでお体にも優しい素材です。

ジルコニア

オールセラミックの一種で、人工ダイヤモンドにも使用されている「ジルコニア」を使って作製されます。強度が高く、奥歯などの噛み合わせる力が強い部位でもお使い頂けます。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けた被せ物(クラウン)です。金属を使用しているので高い強度を確保することができ、高い審美性が実現できます。

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜ合わせて作製された詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)です。オールセラミックと比べると審美性は劣りますが、費用を抑えて作製することができます。

ラミネートベニア

歯の表面を少しだけ削り、セラミックのシェルを貼り付けることで歯の形と整えたり、白くしたりする治療です。削る量は少量なので、歯に影響はありません。短期間ですきっ歯などの軽度の歯並びの乱れが改善できたり、ホワイトニングでは対応できなかった歯を白くしたりすることができます。

2018.05.18

根管治療について

歯を削るイメージ

根管治療とは

根管治療とは、虫歯が重度にまで進行し神経まで達した場合などに、根管(神経が通る管)から細菌によって汚染された神経や組織などを取り除き、きれいに洗浄・消毒した後、充填材を詰めて再感染を防ぐ治療です。虫歯が神経まで進行すると、そのまま放っておくと抜歯しなければいけなくなります。それを回避するのが根管治療の大きな目的で、「天然歯をできる限り維持する治療」という風にも言うことができます。

こんな方は一度当クリニックにご相談ください

  • 冷たいものや温かいものを食べると激しい痛みがある
  • 歯を噛みしめると激しい痛みがある
  • 何もしなくても激しい痛みがある
  • 他院で何度も根管治療を受けたが、症状が改善しない

など

マイクロスコープを使った精密な根管治療

当クリニックでは精密な根管治療を行い、再治療の少ない確実な治療をご提供するために、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を2台導入しております。精密な根管治療を実現させるためには、ドクターの技術・経験はもちろんのこと、マイクロスコープなどの最新設備も欠かせません。マイクロスコープを使用することで、患部を最大30倍にまで拡大させることができるようになり、汚染組織を漏らさず除去することが可能となります。肉眼だけでは、こうした処置は難しく、アメリカでは根管治療を行う際、このマイクロスコープの使用が義務づけられているほどです。
日本の歯科クリニックでマイクロスコープを導入しているところはまだ少なく、2台導入しているところとなるさらに少ないというのが現状です。

2018.05.14

インプラント治療について

精密歯科治療-かんの歯科クリニック

インプラントとは

インプラントとは、歯の欠損部分の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工歯(上部構造)を被せることで、歯の機能・審美を補う治療方法です。入れ歯やブリッジの場合、他の健康な歯に負担がかかったり、削らなければいけなかったりしますが、インプラントでは単独で治療できるので残存歯に影響はありません。また、入れ歯のように金属のバネ(クラスプ)が必要ないので、高い審美性が実現できます。そして何より、顎の骨にしっかりと固定させるので、天然歯同様の噛み心地を得ることが可能です。
「入れ歯が合わない」「天然歯と同じように硬いものが咬めるようになりたい」などとお考えでしたら、一度当クリニックまでご相談ください。

こんな方は一度当クリニックにご相談ください

・天然歯と同じように硬いものが咬めるようになりたい
・昔のように食事や会話を楽しみたい
・口元の審美性を損ないたくない
・入れ歯の見た目に抵抗がある
・入れ歯が合わない
・他の健康な歯を守りたい
など

歯科用CT・サージカルガイドを活用した安全な手術

インプラント治療では、インプラント体を顎の骨に埋入するために外科手術が必要となりますが、当クリニックでは歯科用CTを用いて顎の骨の厚み・高さ、血管・神経の走行位置などを詳しく確認して、より安全な手術の実施を心がけています。また、インプラント体を埋入する時には、「サージカルガイド」という器具を使用して、安全に埋入するように努めています。サージカルガイドとはインプラント体の埋入位置・方向を示すガイドで、これにより安全・確実な埋入が可能となります。
当クリニックのインプラント治療では、主に世界トップメーカーの1つであるカルシテック社の製品を採用しており、その安全性は高く評価されていますので、安心して治療を受けて頂くことができます。

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK