新着メディア記事

2022.02.02

子供に合った歯ブラシ

大阪市東成区・かんの歯科クリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

こちらではお口の健康に繋がるお役立ち情報を色々と発信して参ります。

今回は“お子様の歯ブラシ選び”についてです。

年齢別子供に合った歯ブラシ

スーパーやドラッグストアなどで様々な種類の歯ブラシが販売されていますが、「自分の子供に合った歯ブラシはどれ?」と迷われる方も多いのではないでしょうか?

お子様の歯ブラシ選びのポイントは、歯やお口の状態だけでなく、年齢によっても変わってきます。

0~1歳ごろ

この時期には歯ブラシをお口の中に入れたり、保護者の方の仕上げ磨きに慣れてもらうことが大切ですので、ヘッドが小さく柄が細いものを選ぶようにしましょう。

1~2歳ごろ

これくらいの年代から歯磨き習慣を付けてあげることが大事です。

自分で歯磨きしてもらう時に歯茎を傷つけないように、0~1歳ごろの歯ブラシと同じくヘッドが小さく柄が細いものを選びましょう。

3歳~

この時期は、1~2歳ごろから始めた歯磨き習慣を確立する時期になりますので、柄が太くて握りやすいものを選ぶようにしましょう。

なお、保護者の方の仕上げ磨きは引き続き行ってあげるようにしください。

5歳~

お子様が歯磨きに慣れてきたら、今度はきれいに磨けることを目標にしましょう。

お子様の歯の大きさに合ったヘッドの歯ブラシを選んで、まだ完全に生えて来ていない6歳臼歯に対しては、ヘッドの小さな歯ブラシを使用されることをおすすめします。

2022.01.31

神経をとったのに歯が痛い

大阪市東成区・かんの歯科クリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
こちらではお口の健康に繋がるお役立ち情報を色々と発信して参ります。
今回は“神経を取った後の痛み”についてです。

根管治療について

重度の虫歯になると、天然歯を保存するために歯の神経を取り除く治療が必要になる場合があります。
これを“根管治療”と言います。
根管とは歯の神経や血管などが通る管のことで、ここから歯の神経を除去し(抜髄)、根管内をきれいに洗浄・消毒した後、隙間ができないように薬剤を詰めて、最後に蓋をして再感染を防止します。

基本的に根管治療を行った後は痛みが治まるのですが、しばらくするとまた激しく痛みだすことがあります。
どうしてなのか?
それは歯の中で細菌が増殖して、歯の根っこ(歯根)に膿ができてしまうからです。

膿ができてしまう原因は様々ですが、その1つに根管治療時の汚染組織の取り残しが挙げられます。
また、根管治療後、削った歯を補うために被せ物を入れるのですが、この被せ物の質が悪いと、隙間から細菌が侵入して歯の根っこに膿を作ることがあります。

当院では精密に処理できるように、患部を最大30倍の倍率で拡大して見ることができる“マイクロスコープ”を導入しております。
また被せ物として、歯とのフィット感に優れたセラミックも取り扱っています。

抜髄後の痛みを防ぐための体制が整っておりますので、重度の虫歯の方で根管治療が必要な際は、お気軽にかんの歯科クリニックへご相談ください。

2021.11.04

虫歯はうつる?

大阪市東成区・かんの歯科クリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

こちらではお口の健康に繋がるお役立ち情報を色々と発信して参ります。

今回は“虫歯の感染”についてです。

虫歯の感染

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はおらず、まわりのご家族、特にお母様からの食べ物の口移し、スプーンの共用などが原因で虫歯菌がうつって、虫歯リスクが高まるとされています。

 

小さなお子様のお口に虫歯菌が感染しやすい時期のことを“感染の窓”と言って、1歳半から2歳半の間は虫歯菌の感染が多いとされていて、それ以後は虫歯菌に感染しづらいとされています。

もちろん、この時期だけ感染に注意していれば虫歯にならないというわけではありませんが、将来の虫歯リスクを低減させるためにも、“感染の窓”の時期にはいっそうの注意を払う必要があります。

 

現在、歯科治療の中心は“治療”から“予防”へと変わっています。

虫歯リスクを高める原因をきちんと把握して、ご自宅でのケアと歯科クリニックでのお口の健康チェックを並行させることで、効果的に虫歯が予防できるようになります。

是非、小さい頃から当クリニックへ連れてきて、定期検診を受けさせてあげてください。

2021.02.16

大人になってからの矯正治療

小児歯科治療イメージ

大阪市東成区・かんの歯科クリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
こちらではお口の健康に繋がるお役立ち情報を色々と発信して参ります。
今回は大人になってからの矯正治療(成人矯正)についてです。

大人でも矯正治療はけられる?

「もう大人だし、矯正治療は受けられない」とお考えが多いようですが、そんなことはありません。

矯正治療はお子様だけの治療ではなく、成人した後もちゃんと受けていただけるものなのです。

もちろん、子供の矯正治療(小児矯正)には色々なメリットがあり、小さいうちから矯正治療を開始した方が良いという向きはありますが、決してこれは「大人は矯正してはいけない」「矯正治療が受けられない」ということではありません。

お口の中の状態によっては矯正治療が困難だったり、すぐには治療が開始できなかったりする場合もありますが、基本的には“何歳からでも受けられる治療”それが矯正治療なのです。

ただ、大人になると矯正治療のタイミングはよくお考えいただく必要があります。

矯正治療にはある程度の期間が必要で、通常、2~3年程度は矯正装置を装着していただくことになりますので、今後のライフイベントのことを考えて、成人式や結婚式、出産などに重ならないタイミングを選ぶようにしましょう。

2021.02.09

訪問歯科とコロナ

外観

大阪市東成区・かんの歯科クリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
こちらではお口の健康に繋がるお役立ち情報を色々と発信して参ります。

今回はコロナ禍の現在における訪問歯科の安心面についてです。

コロナ禍の現在における訪問歯科の安心面

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、訪問歯科の受け入れ先である患者様・ご家族や施設のスタッフ様の不安も高まっているものと思われます。

かんの歯科クリニックでも院内で感染対策を実施して、ご来院される患者様に安心して受診していただける環境を整えておりますが、それは院内での診療だけでなく、訪問歯科においてもしっかり感染対策を行い、安心してご利用いただける環境づくりに努めております。

具体的には訪問時の歯科医師・歯科衛生士・歯科助手などのスタッフのマスク着用、手洗い・消毒の実施、定期的な検温などです。

訪問歯科のために患者様のお住まいへ立ち入る際は、検温を実施して発熱などの症状がないことを確認し、それを患者様・ご家族や施設のスタッフ様などにお伝えして、安心して迎え入れていただけるようにしています。

まだまだ予断を許さない状況が続いていますが、かんの歯科クリニックでは院内で万全の感染対策を実施し、院内から訪問先に感染を拡大させないように注意したうえで、さらに訪問時の感染対策を加えて、安心・安全な訪問歯科診療をお届けさせていただきます。

2020.12.20

歯医者嫌いの子にしないために~お子様にとっての最初の歯医者さん~

大阪市東成区・かんの歯科クリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
こちらではお口の健康に繋がるお役立ち情報を色々と発信して参ります。
今回は“お子様にとっての最初の歯医者さん”についてです。

小さなお子様にとって“最初の歯医者さん”はとても大事です。
そこでいきなり痛い治療をされたり、恐怖心を植え付けられたりすると、トラウマとなって大人になった後も歯医者に通えなくなってしまうことがあります。
大人の方で歯医者になかなか通えないという方から話を聞いてみると、「子供の頃の体験がトラウマになっている」という方が多いようです。

当クリニックでは小さなお子様を歯医者嫌いにしないように、そしてトラウマとならないように、いきなり怖い・痛い治療が行わずに、まずは歯医者さんの雰囲気に慣れてもらうことから始めます。
お口を開ける練習から始めて、治療で使用する器具を見せて説明するなど、お子様が安心して通い続けられる雰囲気作りに努めます。

泣きじゃくる子を押さえつけて無理やり治療したりはしませんので、小さなお子様でも安心してお任せいただければと思います。

2020.11.29

ヒアルロン酸注射は歯科クリニックがおすすめ

待合室

大阪市東成区・かんの歯科クリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
こちらではお口の健康に繋がるお役立ち情報を色々と発信して参ります。
今回は歯科クリニックで受けられる“ヒアルロン酸治療”についてです。

歯科クリニックで受けるヒアルロン酸注射の特徴

ヒアルロン酸注射は美容外科などでも頻繁に行われていて、歯科クリニックで行うものも基本的には同じものです。
ただし、美容外科では敏感な口元に注射をするため痛みを感じやすいのですが、歯科クリニックでは口腔内から注射をするため痛みが抑えられます。
さらに口腔内の注射ならお肌に傷跡や注射跡が残ることはなく、安心して治療を受けていただくことができます。

ヒアルロン酸注射にはこんな効果が

歯科クリニックで受けるヒアルロン酸注射なら、年齢を重ねるごとに目立つようになるほうれい線、口元のしわ、唇の縦じわなどの改善だけでなく、噛み合わせや入れ歯などの影響でできてしまったしわにも適切にアプローチできます。

治療時間はわずか10分程度で、ダウンタイムもありません。
そして治療後すぐに効果を実感していただけます。

こんな方におすすめです

・年齢とともにほうれい線が深くなった方
・口元のしわを何とかしたい方
・唇に縦じわが気になる方
・口元がたるんでいる方
・唇をボリュームアップさせたい方
・噛み合わせや入れ歯の影響で口元にしわができた方
など

当クリニックのヒアルロン酸注射はこんな方におすすめです。
「しわのせいで老けて見える」「いつまでも若々しくありたい」
そんな皆様の願いに、歯科クリニックのヒアルロン酸注射がお応えさせていただきます。
ご興味がございましたら、お気軽に当クリニックへご連絡ください。

2020.10.25

うちの子もちゃんと治療が受けられる?~小さなお子様への治療~

大阪市東成区・かんの歯科クリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
こちらではお口の健康に繋がるお役立ち情報を色々と発信して参ります。
今回は“小さなお子様への治療”についてです。

小さなお子様への治療

小さなお子様を連れて歯科クリニックへお越しになる時、「ちゃんと治療が受けられるか心配」という保護者の方は多いと思います。
実際、歯医者を怖がって泣いてしまったり、診療チェアに座れなかったり、院内に入ることすらできない子もいます。
ですが、最初はそうでも、時間をかけてゆっくりと診療を進めて行けば、どんな子でもきっと治療が受けられるようになるものです。

大切なのは、焦らないこと。
お子様の成長を信じてあげること。
そして、頑張った後には「よく頑張ったね」と褒めてあげること。

お子様一人ひとりでちゃんと治療が受けられるようになるまでにかかる時間は違いますが、当クリニックでは決して焦って治療を進めたりせず、その子の成長と頑張りを待つようにしています。
ですので、保護者の方も「この子は治療が受けられない」と諦めてしまわずに、私たちと一緒にその子の成長を待ってあげるようにしてください。

2020.08.11

ボトックス治療で口元美人に

大阪市東成区・かんの歯科クリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
こちらではお口の健康に繋がるお役立ち情報を色々と発信して参ります。
今回は歯科クリニックで行う“ボトックス治療(ボツリヌストキシン治療)”についてです。

歯科クリニックでしわ・エラを改善

歯科クリニックでの審美的な治療というと、「歯を白く輝かせる(白い詰め物・被せ物やホワイトニング)」「歯並びをキレイに整える(矯正治療)」などをご想像されると思いますが、そのほかにも“口元や唇のしわの改善”“エラの解消”といった治療も受けられるのです。
当クリニックでは年齢とともに目立つようになるほうれい線、口元のしわ、唇のしわの改善に効果があるボトックス治療(ボツリヌストキシン治療)をご提供しています。

ボトックス注射では様々な効果が期待できます

ボトックス治療(ボツリヌストキシン治療)には筋力の働きを弱める効果がありますので、その働きを利用して口の緊張状態を緩和し、ほうれい線や口元のしわを目立たなくさせることができます。
ガミースマイルの改善や口角のリフトアップも可能です。
また筋肉の発達したエラに注射することで、小顔効果も期待できるようになります。
さらに歯を強く噛んでいる状態を緩和することで、詰め物の破損・離脱の防止、顎関節症の症状緩和、歯ぎしり・食いしばりの緩和なども期待できます。

お口まわりの見た目のお悩みもご相談ください

ボトックス治療(ボツリヌストキシン治療)は安全性が高く、専門的な技術を身につけた歯科医師が行いますので、安心して受けていただくことができます。
口元のしわや張っているエラなどでお悩みでしたら、一度お気軽に当クリニックへご相談ください。
お口の中のお悩みだけでなく、お口まわりの見た目のお悩みにも効果的な治療をご提案させていただきます。

2020.07.09

妊娠中もお口の治療は受けられるの?

大阪市東成区・かんの歯科クリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
こちらではお口の健康に繋がるお役立ち情報を色々と発信して参ります。
今回は“妊娠中の歯科治療”についてです。

妊娠中もお口の治療は受けられるの?

妊婦様の中には「妊娠中は歯科治療が受けられない」と思われている方もいらっしゃるようですが、そうではありません。
妊娠中であっても、安定期に入ればほとんどの歯科治療は受けられます。
ただ、「麻酔が心配」「レントゲンが心配」というお気持ちはよくわかります。
基本的に歯科で使用する麻酔・レントゲンともに妊婦様のお体、お腹の中の赤ちゃんに影響はないと言えますが、それでも不安な方はおられるでしょう。
当クリニックでも妊婦様を診させていただく際には、そうした不安に十分配慮して治療を進めるようにしております。

ただ、不安に思うあまりお口の中をきちんとケアせずにいると、妊娠性歯周炎になったり、生まれてくる赤ちゃんのお口の虫歯リスクを高めたりしてしまう場合がありますので、妊娠中であっても必要に応じてきちんと治療を受けられることをおすすめします。

1 2 3
東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック 訪問歯科
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK