新着メディア記事

2018.10.29

目立たないワイヤー矯正「セラミックブラケット」

ブラケット矯正イメージ

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

このブログでは、主に歯に関する情報をお伝えしたり、皆様からよく寄せられる歯へのご質問にお答えしたりしていきます。

皆様の快適なデンタルライフの一助になれば、幸いです。今回は、「セラミックブラケットを使用するワイヤー矯正」についてご紹介します。

 

きれいな歯並びを手に入れたい

整った歯並び・美しい口元は自信へと繋がり、その人をさらに魅力的に見せてくれるものです。何より、正しい歯並びと噛み合わせは体のバランスにも影響しますので、健康を考えるうえでも重要なポイントと言えるでしょう。

けれど、いざ矯正治療を考えた時にネックとなるのが、口元で光る銀色の矯正装置かもしれません。

 

「人と会う機会が多い仕事なので、口元を目立たせたくない」

「話す時に相手の視線が気になってしまう」

 

そのようなご心配のある方は、ワイヤー矯正の中でも、セラミックブラケットをおすすめしています。

 

歯に近い色で目立たない

一般的な矯正治療は、歯にブラケットを付け、そこにワイヤーを通して行います。少しずつ歯を動かし、歯並びを調整していくのです。ここで使用するブラケットを、通常使用される金属ではなくセラミック(陶磁器)のものにします。

セラミックブラケットは歯の色に近い白色をしているため、銀色のブラケットに比べて目立つことなく矯正治療が行えます。

 

色が変わりにくい・金属アレルギーが起きない

セラミックブラケットは着色しにくく、汚れが付きにくいという特徴があります。また、セラミックは人工歯としても使用されており、耐久性にも優れた素材です。

さらに、金属製のブラケットは金属アレルギーを起こすことがありますが、セラミックは金属を含んでいないのでアレルギーの心配がありません。

 

セラミックブラケットのデメリットは?

適応する症例は、セラミックでも金属製のブラケットでも変わりません。しかし金属製のブラケットと比べると、強度の面ではやや劣ります。また、かかる費用もセラミックの方が高くなります。

 

患者様にどんな矯正治療が合っているか、ご希望はどんなものか、詳しくは一度ご相談いただければと思います。

「美しい歯並びを手に入れたい!」その思いを大阪市東成区・かんの歯科クリニックが全力でサポートさせていただきます!

 

 

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK