新着メディア記事

2018.11.05

フッ素塗布でお子様の歯を丈夫にしましょう!

子供の歯の治療イメージ

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

このブログでは、主に歯に関する情報をお伝えしたり、皆様からよく寄せられる歯へのご質問にお答えしたりしていきます。

皆様の快適なデンタルライフの一助になれば、幸いです。今回は、「お子様へのフッ素塗布の効果」についてご説明します。

 

フッ素(フッ化物)って何だろう?

フッ素(フッ化物)とは、お茶や海産物など色んな食品に含まれている、とても身近な元素の1つです。

歯や骨を丈夫にするだけでなく、虫歯予防にも役立ちます。

 

フッ素塗布の効果は?

歯科クリニックや各自治体の歯科健診でよく聞かれる、フッ素塗布。一体どんな効果があるのでしょうか?

まず1つめに、フッ素は歯を強くします。甘い物などを食べるとお口の中の菌が糖分を分解して、強い酸を作り出します。

この酸が歯を溶かしたものが虫歯ですね。フッ素は酸への抵抗力を強くして、丈夫で溶けにくい歯にします。

2つめに、プラーク(歯垢)の中に潜む虫歯菌の働きを弱めて、酸が作られるのを抑えます。

3つめに、歯から溶け出してしまったカルシウム、リンがもう一度歯に付くように促進します。これにより虫歯になりかけの時に進行を止め、歯の状態を改善します。

 

フッ素塗布はいつするのが効果的?

歯を強くするフッ素(フッ化物)ですが、お子様の歯が生えて間もなくの頃に塗るのが効果的です。

というのも、生え立ての歯というのは柔らかく、十分な硬さがないために虫歯になりやすいのです。乳歯が生えた直後、永久歯に生え変わった直後が最も効果がありますので、定期的に歯科クリニックへ通い、フッ素塗布を行うことをおすすめします。

ただし、フッ素塗布をしたからといって虫歯にならないわけではありません。虫歯を予防するためには、おうちでのきちんとした歯磨きと、正しい食生活が欠かせません。

保護者の方と歯科クリニック両方で、お子様のお口の状態をよく見てあげることが大切です。

 

虫歯になってから通院するよりも、虫歯になる前に予防として行く方が、ずっと楽な気持ちで通えます。

大人になっても自分の歯で食事ができるようにしてあげたいと思うのは、保護者の方に共通する願いでしょう。

 

フッ素塗布などお子様の歯の予防や定期的なチェックは、お気軽に大阪市東成区・かんの歯科クリニックまでご相談ください!

 

 

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK