新着メディア記事

2018.11.16

お口の中に金属はありませんか?金属アレルギーを引き起こす歯科材料

診療室

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

このブログでは、主に歯に関する情報をお伝えしたり、皆様からよく寄せられる歯へのご質問にお答えしたりしていきます。

皆様の快適なデンタルライフの一助になれば、幸いです。今回は、「金属アレルギーを引き起こす歯科材料」についてご説明します。

 

お口の中の金属が原因で金属アレルギーになることも!?

皆様のお口の中に、銀歯などの金属の歯科材料は入っていませんでしょうか?長期間、お口の中に金属の歯科材料があると、「金属アレルギー」の原因となる場合があります。

お口の中にある金属が唾液などで溶けて体内に取り込まれ、体内に蓄積されるとかゆみやかぶれなどの金属アレルギーの症状が現れることがあります。アレルギー症状でお悩みで、皮膚科に通っても改善されない方などは、一度歯科医院でお口の中を確認してもらいましょう。もしかしたら、銀歯などの金属の歯科材料が原因で症状が現れているかもしれません。

 

 

こんな金属の歯科材料があると金属アレルギーが起こることも…

では、どのような歯科材料が金属アレルギーの原因となるのでしょうか?主なものをご紹介します。

■保険適用の金属

・アマルガム

・金銀パラジウム合金

・ニッケルクロム合金

・銀合金

など

 

■自費診療の金属

・金合金

・チタン

など

 

お体に安心・安全な「メタルフリー」に入れ替えてみませんか?

もし、ご紹介したような金属の歯科材料がお口の中にあるのなら、大阪市東成区・かんの歯科クリニックでオールセラミックなどの「メタルフリー」の歯科材料に入れ替えてみませんか?メタルフリーとは「金属を一切使用しない」ことで、当然、金属アレルギーが起こる心配はありません。メタルフリーの歯科材料に入れ替えることで、これまで悩まされていた金属アレルギーが改善されるケースがあります。どうぞお気軽にご相談ください。

 

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK