新着メディア記事

2018.11.21

天然歯を守る最後の手段!根管治療の重要性

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

このブログでは、主に歯に関する情報をお伝えしたり、皆様からよく寄せられる歯へのご質問にお答えしたりしていきます。

皆様の快適なデンタルライフの一助になれば、幸いです。今回は、天然歯を守る最後の手段である「根管治療」についてご説明します。

 

根管治療とはどんな治療なのでしょうか?

根管治療とは、虫歯が進行して歯の神経にまでおよんだ時、その歯の維持することを目的に行われる治療です。

そのまま放っておくと抜歯しなければいけなくなりますが、根管治療によって歯の神経が通る管(根管)をきれいに掃除し、充填材を詰め、被せ物(クラウン)を被せることで、抜歯が回避できる場合があります。

 

 

 

根管治療で重要なのは「精密さ」

根管治療は、根管内にある虫歯菌に汚染された神経や血管を取り除く治療ですが、確実に汚染組織を除去することが大事です。汚染組織が残っていると、再び痛みなどの症状が現れたり、もう一度根管治療を行わなければいけなくなったりする場合があります。

では、精密な根管治療を行うためにはどうすればいいのでしょうか?

大阪市東成区・かんの歯科クリニックでは、精密な根管治療を実現させるために、「マイクロスコープ」を導入しています。マイクロスコープとは歯科用顕微鏡のことで、患部を何十倍にも拡大して見ることができるので、精密な処置が行えるようになります。

一度マイクロスコープを使うと、もう後戻りはできません。マイクロスコープを使用した場合と、使用しない場合では、見える世界が全然違うからです。マイクロスコープなしだと、「手探りで処置しているようなもの」と言えるでしょう。

 

マイクロスコープを導入している歯科医院は少ない!?

このように、精密な根管治療に役立つマイクロスコープですが、国内の歯科医院ではまだまだ導入しているところは少ない状態です。アメリカでは、根管治療の専門医は必ずマイクロスコープを使用しなければいけないとされています。

「精密な根管治療を受けたい」「他院で根管治療を受けたが効果が実感できない」ということでしたら、是非、マイクロスコープを使って精密な根管治療を行っている、大阪市東成区・かんの歯科クリニックまでご連絡ください。

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK