新着メディア記事

2018.11.20

こんな悪影響も!?歯並びが悪いことのリスク

ブラケット矯正イメージ

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

このブログでは、主に歯に関する情報をお伝えしたり、皆様からよく寄せられる歯へのご質問にお答えしたりしていきます。

皆様の快適なデンタルライフの一助になれば、幸いです。今回は、「歯並びが悪いことで起こる悪影響」についてお話しします。

 

お口の「見た目」だけでなく「健康」にも悪影響がおよびます!

ブラケット矯正イメージ「歯並びの悪さ」はなぜ問題なのでしょうか?見た目的に良くないから?もちろん、それもあります。ですが、それだけではないのです。悪い歯並びは口元の見た目だけでなく、お口の中の健康にも悪影響をおよぼします。

 

歯並びが悪いと、しっかりブラッシングできないため、虫歯や歯周病のリスクが高まるとされています。そのため、審美的な理由からだけでなく、病気予防を目的に矯正治療を受けられる方もいらっしゃいます。「歯並びをキレイに整えて、笑顔を素敵にする」ことだけが矯正治療の目的ではなく、お口の病気予防も大事な目的の1つなのです。

 

 

お体の健康にも悪影響をおよぼすことがあります!

さらに皆様に知っておいていただきたいのが、歯並びの悪さは全身の健康にも悪影響をおよぼす場合があるということです。歯並びが悪いと、ものがきちんと噛めないため、食べ物を細かく砕かずに飲み込んで消化器官に負担がかかることがあります。また、お口・全身のバランスが崩れて、肩こり、腰痛、頭痛などの症状の原因となる場合もあるのです。

 

歯並びと肩こりがなかなか結びつかない方もおられるでしょうが、それらには深い関連があるとされています。

 

歯並びの悪さが気になる方は一度歯科クリニックへ相談しましょう!

このように見た目だけなく、お口そして全身の健康に悪影響をおよぼす悪い歯並びは、矯正治療で改善させることが可能です。歯並びの悪さが気になる方は、一度歯科クリニックへ相談されることをおすすめします。相談したからといって、すぐに治療を始めなければいけないというわけではありません。

専門家から話を聞いて、歯並びの重要性を知るだけでもお口の健康維持につながるはずです。

大阪市東成区・かんの歯科クリニックでは矯正治療を行っていて、矯正装置が目立たないインビザライン(マウスピース型矯正装置)をご用意しています。どうぞお気軽にご連絡ください。

 

 

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK