新着メディア記事

2020.03.24

入れ歯の見た目を気にせず笑顔に~ノンクラスプデンチャー~

大阪市東成区・かんの歯科クリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
こちらではお口の健康に繋がるお役立ち情報を色々と発信して参ります。
今回は自費の入れ歯の一種である“ノンクラスプデンチャー”についてです。

ノンクラスプデンチャーはどんな入れ歯?

ノンクラスプデンチャーは自費の入れ歯で、保険の入れ歯と違い金属の留め具がありません。
金属の留め具のことを“クラスプ”と言い、これがないという意味でノンクラスプデンチャーという名称が付けられているのです。

ノンクラスプデンチャーには色々な特徴がありますが、やはり一番は“入れ歯が目立たない”こと。
入れ歯の見た目に抵抗がある方でも、安心してお使いいただけます。

そのほか、使用している材料が違うので軽量化されていて、装着時の違和感が少ないなどの特徴があります。
また、金属不使用なので金属アレルギーの方でも安心です。

従来の入れ歯(保険の入れ歯)にあまり良いイメージをお持ちでなかった方は、一度このノンクラスプデンチャーをご検討されてみてはいかがでしょうか?

もちろん、当クリニックでも取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK