新着メディア記事

2020.04.07

乳歯の虫歯はそのままにしておいても大丈夫?

大阪市東成区・かんの歯科クリニックのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
こちらではお口の健康に繋がるお役立ち情報を色々と発信して参ります。
今回は“乳歯の虫歯”についてです。

 

“乳歯の虫歯”はそのままにしておいても大丈夫?

「乳歯はそのうち永久歯に生え変わるのだから、虫歯になっても治療しなくても良いのでは?」
そのようにお考えの保護者の方もおられるようですが、そうではありません。

乳歯の虫歯をそのままにしておくと、後から生えて来る永久歯に悪影響がおよぶ恐れがありますし、また虫歯によって乳歯が抜け落ちた時、隣り合う歯がその部分に倒れ込んできて、永久歯が正しい方向に生えて来られなくなることがあります。

そして何よりも、そうして乳歯が虫歯になるということは、お口の中に虫歯菌がたくさんいることが考えられますので、将来、永久歯に生え変わっても再び虫歯になるリスクは高いと言えます。

このように乳歯の虫歯には色々な問題が潜んでいますので、決してそのままにせずに当クリニックへご来院いただき、きちんと治療を受けさせてあげるようにしましょう。

 

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK