新着メディア記事

2018.09.07

入れ歯は「不潔」って本当?~知られていない入れ歯の魅力~

入れ歯治療

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

このブログでは、主に入れ歯に関する情報をお伝えしたり、皆様からよく寄せられる入れ歯へのご質問にお答えしたりしていきます。

皆様の快適な入れ歯ライフの一助になれば、幸いです。今回は、「知られていない入れ歯の魅力」をご紹介します。

 

入れ歯に「悪いイメージ」をお持ちの方へ

入れ歯は「ものが噛めない」「不潔」「見た目が悪い」など、悪いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?今では入れ歯以外にも、インプラントなどの方法により、失った歯の機能性や審美性を補うことができ、さらにインプラントの方が「しっかりとものが噛める」「審美性が高い」と評判なので、入れ歯よりもインプラントを選ばれる方も増えています。

しかし、入れ歯には入れ歯の魅力(メリット)があります。もちろん、デメリットもあります。大切なのは、それらをきちんと理解して、ご自身のご希望に叶うのはどの方法なのか、しっかりと検討することだと思います。ここでは、案外知られていない「入れ歯の魅力」についてお話します。

 

入れ歯は負担が少ない治療方法です

インプラント治療の場合、外科手術で顎の骨にインプラントを埋入しなければいけないなど、患者様のお体に負担がかかることになります。さらに、手術の際には麻酔を使用することに。一方、入れ歯であれば、そうした負担なく、インプラントよりも短期間で治療が終えられます。

 

「入れ歯は不潔」は本当でしょうか?

「入れ歯は不潔」というイメージをお持ちの方も、おられるのではないでしょうか?しかし、本当にそうでしょうか?入れ歯は、取り外すことができる装置です。お口の中に埋入したインプラントを、鏡に映してケアするのと違い、手で持って歯ブラシでゴシゴシと磨くことができるのですから、こっちの方が楽だという風にもいえると思います。正しい方法でお手入れすれば、入れ歯を清潔な状態に保つことは可能です。

 

 寝たきりになった時などにケアしやすい

インプラントで今、問題になっているのが、「寝たきりになった時のケア」についてです。寝たきりとなり、歯科クリニックに通院できなくなると、インプラントに不具合が生じても、ケアができないことも。ご自宅でご家族がイプラントをケアするのは無理でしょうし、訪問歯科でも対応するのも難しいといえます。

一方、入れ歯であれば、取り外してケアできますので、まわりのご家族の方がしっかりとお手入れすることが可能ですし、訪問歯科での対応も、インプラントと比べれば容易です。高齢化社会の今、「これからは入れ歯が見直される時代が来る」と言われています。

 

当クリニックでは入れ歯・インプラントともに対応

当クリニックでは、入れ歯、インプラントともに対応しています。どちらの方法がベストかは、患者様によって違いますので、詳しくお話をおうかがいしたうえで、最適なものをご提案させていただきます。

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK