新着メディア記事

2018.09.13

「入れ歯の見た目が嫌!」という方へ~ノンクラスプ義歯という選択肢があります~

入れ歯治療

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

このブログでは、主に入れ歯に関する情報をお伝えしたり、皆様からよく寄せられる入れ歯へのご質問にお答えしたりしていきます。

皆様の快適な入れ歯ライフの一助になれば、幸いです。今回は、「入れ歯の見た目が嫌!」という方へお伝えしたいことをご紹介します。

 

金具の金属色がギラギラと目立つのが嫌…

入れ歯を使用するのに抵抗がある方の多くは、きっと入れ歯の「見た目」がネックとなっているのではないでしょうか?保険の入れ歯のように、クラスプ(金属のバネ)を使用する入れ歯の場合、お口を開けた時に金具の金属色がギラギラと目立ってしまい、口元の審美性を損なってしまうことがあります。

また、「まわりの人に、入れ歯を使用していることを知られたくない」という方もおられることでしょう。

こうした方におすすめなのが、「ノンクラスプ義歯」です。これはどんな入れ歯なのか?詳しくご説明します。

 

クラスプを使用しない入れ歯=ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯とは、クラスプを使用しない部分入れ歯のことです。クラスプがないので、当然、従来の入れ歯のように金具のギラギラとした金属色が目立って、お口まわりの見た目が悪くなる心配はありません。

笑顔を浮かべた時でも入れ歯が目立たないので、口元の審美性を維持したまま、安心して入れ歯がお使いいただけます。

 

残存歯にクラスプを掛けないので、歯が守れる

ノンクラスプ義歯では、従来の入れ歯のように、残存歯にクラスプを掛けないので、歯に負担がかかりません。

大切な天然歯を守りながら、入れ歯を使用することが可能です。さらに汚れが付着しにくいので、臭いの心配もほとんどありません。

きちんとお手入れすることで、長期間、快適に使い続けることが可能です。そして、ノンクラスプ義歯では、金属を一切使用していません。

そのため、金属アレルギーの方でも安心して使用することができます。

 

ノンクラスプ義歯をお求めなら当クリニックまで

当クリニックでは、審美性・適合性が高く、金属アレルギーの心配がないノンクラスプ義歯を取り扱っています。

「これまで入れ歯に抵抗があったけど、ノンクラスプ義歯なら大丈夫かも?」と少しでも興味を持たれた方は、一度お気軽に当クリニックまでご連絡ください。

もっと詳しく、ノンクラスプ義歯の魅力についてご説明させていただきます!

 

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK