新着メディア記事

2018.07.21

医療費控除って何?

矯正治療|大阪市東成区のかんの歯科クリニック

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

「矯正治療に関するお役立ち情報」をご提供したり、皆様の「矯正治療に対する不安・疑問」にお答えできる内容を発信したりしていければと思っています。

今回は、矯正治療の「医療費控除」についてお話しさせていただきます。

 

医療費控除を受ければ、矯正治療の費用が抑えられます

矯正治療は、特別なケースを除き、健康保険を使って治療を受けることができません。そのため、多くの方が自費診療で矯正治療を受けられています。矯正治療は、治療期間の長さもさることながら、ある程度の費用がかかる治療です。この費用面がネックとなって、矯正治療を諦めてしまっている方も少なくないでしょう。

しかし、矯正治療は「医療費控除」の対象となります。この制度を利用することで、税金の還付を受けることができるようになり、結果、矯正治療の費用が抑えられます。

医療費控除とは、患者様ご本人、または生計をともにするご家族のために、1年間(1月1日から12月31日まで)に医療費を10万円以上お支払いになった時、一定の所得控除が受けられるというものです。医療費控除の金額は、次の計算方法で算出されます。

■医療費控除の計算方法

医療費控除額(最大200万円)=【1年間に支払った医療費】-【保険などの受取金】-【10万円※】

※所得が200万円未満の場合には、その5%(いずれか低い方が適用されます)

 

どうすれば医療費控除が受けられるの?

医療費控除は、確定申告することで受けられます。

確定申告の際に必要となる書類は、次の通りです。

・歯科医師の診断書

・医療費控除の明細書(※平成29年分から提出・提示が不要)

・交通費などの領主証

・デンタルローンの契約書・明細書

医療費控除の対象となるのは、医療費、医薬品購入費、通院・入院のための交通費などです。クレジットカード・デンタルローンで医療費を支払った場合も、対象となります。ただし、金利や手数料は対象外です。

 

医療費控除を上手く活用するようにしましょう!

医療費控除を上手く活用すれば、費用を抑えて矯正治療が受けられるようになります。費用面がネックで矯正治療をためらわれていた方も、再検討されてみてはいかがでしょうか?

費用のことをもっと詳しく知りたいという方は、お気軽に当クリニックまでご連絡ください!

 

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK