新着メディア記事

2018.08.03

どうして矯正治療中は痛むの?

矯正治療|大阪市東成区のかんの歯科クリニック

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

このブログでは、「矯正治療に関するお役立ち情報」をご提供したり、皆様の「矯正治療に対する不安・疑問」にお答えできる内容を発信したりしていければと思っています。

今回は、矯正治療の「痛み」についてお話しさせていただきます。

 

矯正治療中の痛みの原因ははっきりわかっていません

矯正治療をご検討中の方が、一番不安に思うこと。それは、「矯正治療中の痛み」ではないでしょうか?矯正治療中の痛みが不安で、なかなか治療に踏み切れないという方も大勢いらっしゃることでしょう。

矯正治療中の痛みは、どうして起こるのでしょうか?

実は、はっきりとはわかっていません。

歯が移動する時の炎症反応や、歯が動くことで起こる血行障害などが原因で、起こるのではないかと考えられています。

なお、矯正治療にともなう痛みが起こりやすいのは、矯正装置を装着したり、調整したりした後の数日間とされています。この期間は特に強い痛みが起こりやすく、その後、徐々に軽減されていくのが一般的です。なので、矯正治療中、ずっと強い痛みがあるわけではありませんの、ご安心ください。

痛みの感じ方には個人差がありますので、一概にはいえませんが、患者様によっては、「すぐに気にならなくなった」という方もおられます。

 

できるだけ痛みを抑えて矯正治療を受けたい方へ

どのような原因で起こるにせよ、矯正治療中の痛みが、治療を受ける障害となっているのは間違いありません。できれば、痛みなく矯正治療を受けたいもの。では、できるだけ痛みを抑えて、矯正治療を受ける方法はないのでしょうか?

当クリニックがご提供している、「インビザライン(マウスピース型矯正装置)」なら、矯正治療中の痛みを抑えて、歯並びをきれいに整えることが可能です。インビザラインでは、薄くて柔らかい、透明なマウスピースを定期的に取り替えることで、歯をゆっくり動かしていきます。そのため、ブラケットやワイヤーなどを使って歯を動かす、従来の矯正装置よりも痛みなどの違和感が少ないとされています。

 

インビザラインには色々なメリットがあります!

インビザラインの特徴は、痛みなどの違和感が少ないだけではありません。

透明なマウスピースを使用するので、装置が目立ちませんし、患者様ご自身で取り外せるので、食事・歯磨きも今まで通り快適に行えます。

 

当クリニックでは、このインビザラインを取り扱っておりますので、ご興味がある方は是非、お気軽にお問い合わせください!

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK