新着メディア記事

2018.08.09

矯正治療中の歯磨きは、今まで以上に念入りに!

矯正治療|大阪市東成区のかんの歯科クリニック

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

このブログでは、「矯正治療に関するお役立ち情報」をご提供したり、皆様の「矯正治療に対する不安・疑問」にお答えできる内容を発信したりしていければと思っています。

今回は、「矯正治療中、特に気をつけていただきたいこと」についてお話しさせていただきます。

 

矯正治療中は虫歯・歯周病リスクが高まります

皆様は、「矯正治療中に気をつけなければいけないこと」と聞いて、どんなことを想像されますか?

「矯正治療中、きちんと歯科クリニックに通院しなければいけない」

「マウスピース矯正の場合、決められた時間、矯正装置を装着し続けなければいけない」

もちろんこれらも大切で、是非、お守りいただきたいことではあります。

しかし、何よりもご注意いただきたいのは「ブラッシング」です。

 

矯正治療中は、矯正装置を歯に装着させているため、ブラッシングが行いにくくなります。そして、矯正装置と歯の間に食べかすなどの汚れが溜まるなどして、虫歯・歯周病リスクが高まります。これらの病気を予防するために、今まで以上に念入りにブラッシングしていただく必要があります。

歯並びを健康かつ美しくするために、矯正治療を受けられているのに、それが原因で虫歯・歯周病になっては本末転倒です。矯正治療中も、お口の健康が維持できるように、しっかりと歯を磨くようにしましょう。

 

矯正治療中、虫歯になると治療期間が長引くことも

矯正治療中、虫歯・歯周病になると、治療のために矯正を中断しなければいけない場合があります。その結果、治療期間が通常よりも長引いてしまうことも。矯正治療は長期にわたる治療です。なのに、通常よりも治療期間が長引いてしまったら、患者様の負担もそれだけ大きくなることに。できるだけ少ない負担で矯正治療を終えるためにも、毎日のブラッシングは丁寧に行うようにしましょう。

 

万が一、虫歯・歯周病になってしまった時は…

万が一、矯正治療中に虫歯・歯周病になってしまった時には、当クリニックで適切な治療を受けていただくことができます。矯正治療だけでなく、一般歯科治療にも対応していますので、しっかりとお口の健康をサポートさせていただきます。

しかし、一番大切なのは「虫歯・歯周病にならないようにする」ことです。

しっかりと歯を磨いて、矯正治療中のお口を健康に保ち、スムーズに治療を終えるようにしましょう!

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK