新着メディア記事

2018.08.20

「大人の矯正」と「子供の矯正」は何が違うの?

矯正治療|大阪市東成区のかんの歯科クリニック

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

このブログでは、「矯正治療に関するお役立ち情報」をご提供したり、皆様の「矯正治療に対する不安・疑問」にお答えできる内容を発信したりしていければと思っています。

 

今回は、「大人の矯正」と「子供の矯正」の違いについてお話しさせていただきます。

 

子供の矯正とは?

お子様の矯正の場合、まだ顎の骨が成長過程にあるため、それをコントロールして歯並びをきれいに整えることができます。その結果、抜歯せずに矯正治療が受けられたり、将来、本格的な矯正治療が回避できたりする可能性が高まります。また、本格的な矯正治療が必要になった場合でも、治療期間が短縮できるケースもあります。

このように、お子様の矯正治療には様々なメリットがあり、適切なタイミングで始めることで、お子様の負担が軽減できる場合があります。保護者の方の中には、「いつから子供に矯正治療を受けさせればいいのかわからない」という方もおられるかと思いますが、タイミングはお子様によって違うため、一概にお答えすることはできません。しかし、適切なタイミングを逃さないためにも、早めにご相談いただくことをおすすめします。

 

大人の矯正とは?

大人の方の矯正は、一般的に永久歯が生え揃った後に行います。顎の骨の成長が終わっているため、ブラケットやワイヤーなどの装置を使って、歯を動かす治療が中心となります。皆様が「矯正治療」と聞いてイメージされる一般的な方法で、歯を動かしていくというわけです。

大人の方の中には、「矯正装置の見た目が気になる」「人前に出る仕事をしているので、矯正装置が目立つのは困る」という方もおられるかと思います。そうした方には、「インビザライン」という、マウスピース型矯正装置を使った治療をご提供することも可能です。透明なマウスピースを使って治療しますので、装置が目立つ心配はありません。口元の見た目を気にせずに、矯正治療を受けていただくことができます。

 

矯正治療は「子供が受ける治療」ではありません!

このように、矯正治療には大きく「子供の矯正」と「大人の矯正」があります。つまりこれは、「大人でも受けられる治療」だということです。矯正治療のことを、「子供が受ける治療」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。矯正治療には、基本的に年齢制限はなく、何歳からでも始められるのです。

 

大人の方で、「歯並びの悪さが気になる」「子供の時から、歯並びがコンプレックスだった」という方は、決して遅くはありませんので、今からでも当クリニックへ一度ご相談ください!

 

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK