新着メディア記事

2018.09.04

矯正治療後、後戻りした場合は?

矯正治療|大阪市東成区のかんの歯科クリニック

こんにちは!

大阪市東成区・かんの歯科クリニックの院長、神野祐行(かんの ひろゆき)です。

このブログでは、「矯正治療に関するお役立ち情報」をご提供したり、皆様の「矯正治療に対する不安・疑問」にお答えできる内容を発信したりしていければと思っています。

今回は、「矯正治療後の後戻り」についてお話しさせていただきます。

 

矯正治療は「歯が動いたら終わり」ではありません!

矯正治療は、ブラケットやワイヤーなどの矯正装置を使って、歯を動かし、歯並びや噛み合わせをきれいに整える治療です。しかし、「歯が動いたら終わり」ではないのです。歯を動かした後、その歯の位置を安定させるための処置が必要となります。これを「保定」といいます。

保定では、「リテーナー」と呼ばれる保定装置を使って、歯の安定をはかります。これをきちんと行わないと、せっかく動かした歯が後戻りしてしまうことも。そのため、矯正治療は歯を動かす「動的治療」と、歯を安定させる「保定治療」に分けることができ、どちらも重要な治療となります。

 

歯が後戻りしてしまった場合には?

保定治療がきちんと行われなかったため、矯正治療後、歯が後戻りしてしまった場合には、どうすればいいのでしょうか?

そうした場合には、一度当クリニックへご相談ください。適切な治療により、後戻りした歯を改善することが可能です。例えば、「インビザライン(マウスピース型矯正装置)」を使って、後戻りした歯を改善させることができ、さらに治療には透明なマウスピースを使用しますので、口元の審美性を維持しながら矯正することが可能となります。

矯正治療には、どうしても「後戻り」のリスクがつきまといます。

矯正治療が適切でなかったり、保定治療が不十分だったりすると、将来的に後戻りしてしまうことも。また、「子供の頃に矯正治療を受けたけど、大人になって後戻りしてきた」というケースも。こうした場合でも、適切な治療により後戻りが改善できる場合がありますので、そのままにせずに、お気軽に当クリニックへご相談ください。

 

後戻りしないようにきちんと治療します

矯正治療は、「後戻り」のリスクがつきまとう治療ですが、もちろん、後戻りしないのが一番です。当クリニックでは、できる限り後戻りを防ぐために、動的治療、保定治療ともに、きちんと行ってご満足いただけるように心がけています。

 

歯並びのお悩みは是非、大阪市東成区・かんの歯科クリニックまでご相談ください!

 

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK