新着メディア記事

2017.05.15

病気などで歯を失った方へ

病気などで歯を失った方へ

失った歯をそのままにしていませんか?

病気や加齢、事故などで失った歯をそのままにしていると、お口の中に様々な悪影響が及ぶ恐れがあります。具体的には、欠損部分に隣の歯が倒れ込んできて噛み合わせが乱れたり、噛み合わせが乱れた結果、全身のバランスも崩れて肩こり・腰痛などの原因となったり、お顔の形が歪んでしまったりするなどです。
失った歯の機能・審美を補う方法には入れ歯・ブリッジ・インプラントなどがありますが、入れ歯を選択するのが一般的です。入れ歯には「保険の入れ歯」以外にも、金属のバネ(クラスプ)を使用しないため、見た目が良く、残存歯にかかる負担も少ない「ノンクラスプデンチャー」や、入れ歯本体を薄く仕上げることができる「金属床入れ歯」など色々な種類がありますので、お一人おひとりのお口の状態や、ご希望などに応じて最適なものをご提案させて頂きます。

こんな方は一度当クリニックにご相談ください

  • 病気で歯を失ってしまった
  • よく噛める入れ歯が欲しい
  • 今の入れ歯が合わなくて困っている
  • 入れ歯の見た目に抵抗がある
  • 入れ歯を入れても美味しく食事を味わいたい

など

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK