新着メディア記事

2018.01.21

歯周病の進行

歯肉炎(G)

初期の歯周病で、歯茎が腫れたり、ブラッシング時に出血したりします。この段階であれば、適切なブラッシングや歯石除去などの治療により、症状を改善させることが可能です。

軽度歯周炎(P1)

歯槽骨が破壊され始め、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)が深くなった状態です。歯周ポケットから血や膿が出たりします。この段階でもまだ、適切なブラッシングや歯石除去などの治療により、症状を改善させることが可能です。

中度歯周炎(P2)

歯槽骨の破壊が進み、歯の根っこ(歯根)が半分程度まで溶かされ、歯周ポケットの深さが増した状態です。歯の動揺(ぐらつき)、歯茎から膿が出るなどの症状が現れます。歯石除去などの基本的な治療を行い、それでも改善が見込めない場合には、歯周外科治療(フラップオペ)を検討する必要があります。

重度歯周病(P3)

歯槽骨の破壊がさらに進み、歯根が半分以上溶かされ、歯の動揺や痛みなどの症状が深刻化します。この段階に至ると、基本的な治療だけでは改善させることが難しく、歯周外科治療以外にも、「エムドゲイン」や「GTR」などの歯周再生療法も検討する必要があります。

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK