新着メディア記事

2018.05.18

根管治療について

歯を削るイメージ

根管治療とは

根管治療とは、虫歯が重度にまで進行し神経まで達した場合などに、根管(神経が通る管)から細菌によって汚染された神経や組織などを取り除き、きれいに洗浄・消毒した後、充填材を詰めて再感染を防ぐ治療です。虫歯が神経まで進行すると、そのまま放っておくと抜歯しなければいけなくなります。それを回避するのが根管治療の大きな目的で、「天然歯をできる限り維持する治療」という風にも言うことができます。

こんな方は一度当クリニックにご相談ください

  • 冷たいものや温かいものを食べると激しい痛みがある
  • 歯を噛みしめると激しい痛みがある
  • 何もしなくても激しい痛みがある
  • 他院で何度も根管治療を受けたが、症状が改善しない

など

マイクロスコープを使った精密な根管治療

当クリニックでは精密な根管治療を行い、再治療の少ない確実な治療をご提供するために、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を2台導入しております。精密な根管治療を実現させるためには、ドクターの技術・経験はもちろんのこと、マイクロスコープなどの最新設備も欠かせません。マイクロスコープを使用することで、患部を最大30倍にまで拡大させることができるようになり、汚染組織を漏らさず除去することが可能となります。肉眼だけでは、こうした処置は難しく、アメリカでは根管治療を行う際、このマイクロスコープの使用が義務づけられているほどです。
日本の歯科クリニックでマイクロスコープを導入しているところはまだ少なく、2台導入しているところとなるさらに少ないというのが現状です。

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK