新着メディア記事

2018.01.18

親知らずの症状でお困りではありませんか?

親知らずの症状でお困りではありませんか?

親知らずとは

親知らず(第三大臼歯)とは、通常10代後半から20代前半ごろに歯並びの一番後ろから生えて来る歯のことです。必ず生えて来るわけではなく、生えて来ない方もおられます。
親知らずが正しい方向に生えて来ていて、痛みや腫れなどの症状がなく、噛み合わせにきちんと参加していれば問題ないと言えますが、歯茎で痛みや腫れを発生させていたり、隣の歯の虫歯の原因となっていたり、隣の歯を押して歯並びの乱れの原因となったりしているケースでは、抜歯を検討する必要があります。
大阪市東成区・かんの歯科クリニックでは親知らずの抜歯にも対応しており、院長はこれまでに埋伏歯の抜歯など豊富な経験がありますので、お気軽にご相談ください。抜歯が必要かどうかも含めて適切に診させて頂きます。

こんな方は一度当クリニックにご相談ください

  • 親知らずが原因で痛み・腫れなどの症状がある
  • 親知らずが斜め・横向きに生えて来ている
  • 親知らずが原因で隣の歯が虫歯になっている
  • 親知らずそのものが虫歯になっている
  • 親知らずが原因で噛み合わせが乱れている
  • 妊活中なので出産前に親知らずを抜歯しておきたい

など

東成区の歯医者かんの歯科クリニック東成区の歯医者かんの歯科クリニック
小児歯科サイト マウスピース矯正インビザライン 入れ歯のお悩みありませんか?
EPARK